Go to Contents Go to Navigation

船体一部が接触で引き揚げ中断 切断作業中=韓国政府

記事一覧 2017.03.23 22:37

船体一部が接触で引き揚げ中断 切断作業中=韓国政府

不明者9人を家族の元へ

【珍島、世宗聯合ニュース】韓国海洋水産部は23日午後10時に珍島郡庁で緊急記者会見を開き、2014年4月に南西部の珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の引き揚げ作業について、「左舷船尾のランプ部分がバージ船が引っかかり、切断作業を行っている」と明らかにした。

海上6メートルまで引き揚げ
海洋水産部が珍島郡庁で緊急記者会見を行った=23日、珍島(聯合ニュース)
セウォル号 約3年ぶりに姿現す
変わり果てた姿

 同部と引き揚げを担う中国企業の上海サルベージは午後8時からダイバーによるランプの切断作業を行っている。

 同部によると切断作業は24日午前まで続く見込みだ。

 セウォル号は同日午後5時までに海面上8.5メートルの高さまで引き揚げられたが、ワイヤーで引き揚げを行うバージ船と船体の一部が接触する事態が発生し、作業が中断していた。

 当初は同日午前11時までに目標とする海面上13メートルまで引き揚げる予定だったが、午前にも一時作業が中断しており、予定が大きくずれ込む見込みだ。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。