Go to Contents Go to Navigation

セウォル号引き揚げ現場に活気戻る きょう中にバージ船に固定

記事一覧 2017.03.24 09:09

セウォル号引き揚げ現場に活気戻る きょう中にバージ船に固定

不明者9人を家族の元へ

【珍島聯合ニュース】2014年4月に韓国南西部の珍島沖で沈没した韓国旅客船セウォル号の引き揚げは、再び船体を持ち上げる作業が進んでいる。23日午後、セウォル号の左舷船尾のランプウェイが引っかかるトラブルが発生したが、これを取り外すと、現場は活気を取り戻した。24日中に船体をバージ船に固定する作業が終わる見通しだ。その後、船体は半潜水式の運搬船に移され、木浦新港へと運ばれる。

海上6メートルまで引き揚げ
作業が続く現場=24日、珍島(写真共同取材団=聯合ニュース)
セウォル号 約3年ぶりに姿現す
変わり果てた姿

 24日午前7時、空は曇っているものの、風は強くなく、作業には特に問題がないとみられる。

 海洋水産部は午前6時45分までに船尾左舷のランプウェイを取り外し、船体を海面上12メートルまでつり上げた状態だと説明した。

 同部は、バージ船に固定し運搬船に移すには、海面上13メートルまでつり上げる必要があるとしている。同部関係者は「きょう中に(バージ船2隻にセウォル号の船体を)固定する作業を終えられると思う」と話した。

 ランプウェイは貨物の積み下ろしに用いられる鉄製の構造物で、接岸時に船と陸をつなぐ橋の役割をする。運航中はしまわれているが、沈没後にロックが外れて飛び出したとされる。この状態では船体を運搬船に移すことができない。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。