Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子副会長「持ち株会社への転換は容易でない」

記事一覧 2017.03.24 10:42

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の定時株主総会が24日、ソウルで開かれ、権五鉉(クォン・オヒョン)副会長が同社の持ち株会社転換について「今のところ実行は容易ではないとみられる」と述べた。その理由として、検討過程で持ち株会社への転換に伴って否定的な影響が存在することを挙げた。

株主総会であいさつする権副会長=24日、ソウル(聯合ニュース)

 権氏は「持ち株会社への転換など事業構造に関する検討は株主と会社にとって非常に重要な意思決定だ」とした上で、法律、税制などさまざまな側面で検討を行っていると説明した。

 サムスン電子は昨年11月、株主価値を最適化するための方策として、持ち株会社への転換の可能性や海外株式市場への上場などを検討していると発表していた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。