Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍が大規模海上訓練 北挑発へ報復の決意示す

記事一覧 2017.03.24 11:29

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は「西海(黄海)守護の日」の24日、東海と黄海、南海の全海域で大規模な海上機動訓練を実施する。海軍は「黄海の(南北軍事境界線にあたる)北方限界線(NLL)と西北島しょを守って散った戦友の護国守護の思いをたたえ、北の挑発、威嚇に対する報復の意志を固めるため」と説明した。

西海守護の日を迎え、政府関係者は中部の国立墓地、大田顕忠院での記念式典に出席した=24日、大田(聯合ニュース)

 西海守護の日は2002年の韓国と北朝鮮間の銃撃戦である第2延坪海戦、10年の韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件、延坪島砲撃事件と、北朝鮮が黄海で起こした軍事挑発を振り返り、安保の意志を新たにするための記念日。3月第4金曜日と定めており、今年が2回目だ。

 この日の訓練には、「大祚栄」(4400トン級)をはじめとする駆逐艦、2500トン級の新型を含む護衛艦、哨戒艦艇、高速艇、潜水艦などの艦艇約20隻と、哨戒ヘリコプターが参加する。

 海軍の第1艦隊は東海、第2艦隊は黄海でそれぞれ、海上から進攻する北朝鮮の特殊部隊を攻撃する対特殊戦部隊作戦、敵の潜水艦を探知、破壊する対潜訓練、対艦・対空の実射訓練などを実施する。第3艦隊は南海で、敵の後方侵攻を断ち海上交通路を保護する作戦や、原子力発電所など国の重要施設を守るための対潜水艦・対艦実射訓練を行う。

 海軍は西海守護の日と天安撃沈事件から7年を迎えるのに合わせ、今月17~24日を「安保強調期間」と定め、各部隊での戦術討議や将兵の精神教育、北朝鮮挑発に対する報復の決意固め、天安撃沈事件犠牲者の追悼などを進めてきた。

 第1艦隊と第3艦隊はこの日、海洋守護の決起大会を開く。天安撃沈事件から丸7年の26日には第2艦隊で追悼行事を催す。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。