Go to Contents Go to Navigation

韓国・現代自グループ会長「自動運転など技術力の強化へ」 

記事一覧 2017.03.24 13:34

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は24日、現代自動車子会社の起亜自動車の定時株主総会で配布した営業報告書のあいさつ文で、「研究開発投資を持続的に拡大していく」としながら、「自動運転など核心となる技術で競争力を強化し、未来の変化をリードする」と意欲を示した。

鄭会長(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)

 同グループは先ごろ自動運転車の開発を専門とする「知能型安全センター」を新設し、人事でも研究開発(R&D)部門に重点を置くなど、未来の技術のリードを目指している。特に自動運転の関連分野に積極的に投資している。

 鄭氏は「高級車やエコカーなどの競争力を引き上げ、持続的な新車発売を通じ市場のニーズに積極的に対応する」とした。また、未来の成長を見据え、今年は体力強化と責任経営を通じ、外部の環境変化にスピーディーかつ柔軟に対応すると述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。