Go to Contents Go to Navigation

ソウルで「日本映画祭」開幕 29日まで話題作上映

記事一覧 2017.03.24 16:52

【ソウル聯合ニュース】日本映画の話題作を紹介する「Jフィルム・フェスティバル」の開幕式が23日、ソウルで開催された。

開幕式に出席した広報大使の俳優ユン・バクと女優シン・ウンス(上段)、在韓日本大使館の西岡達史・公報文化院長(下段中央)ら(主催者提供)=(聯合ニュース)

 韓国で日本映画は若者を中心に根強い人気を集めている。

 フェスティバルは今回が2回目で、NKコンテンツとSPOエンターテインメントコリアの主催。在韓日本大使館などが後援する。主催側は「昨年より豊富なラインアップと規模で、大きな反応を得ている」と伝えた。

 開幕式に出席した広報大使を務める韓国俳優ユン・バクと女優シン・ウンスは「さまざまなジャンルの素敵な日本映画が多い。フェスティバルを通じて新しい映画を知ってほしい」とコメントした。

 オープニング作品は「デスノート Light up the NEW world」。29日までソウルや釜山、大邱で14作品が上映される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。