Go to Contents Go to Navigation

[芸能]「攻殻機動隊」「デスノート」の実写版映画 あす韓国公開

記事一覧 2017.03.26 14:04

【ソウル聯合ニュース】日本の漫画の実写版映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」「デスノート Light up the NEW world」の2作品が韓国で29日に同時公開される。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」のワンシーン(ロッテエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は1989年連載開始の士郎正宗氏の名作SF漫画「攻殻機動隊」が原作で、ハリウッド映画「マトリックス」のウォシャウスキー姉妹らにも大きな影響を与えたことで知られる。公開に合わせて主演のスカーレット・ヨハンソンやルパート・サンダース監督らが来韓し、プロモーションを行った。

「デスノート Light up the NEW world」のポスター(NKコンテンツ提供)=(聯合ニュース)

 一方、小畑健氏原作の「デスノート」は世界累計発行部数が3000万部に達する人気作。映画版は今回が4作目だ。

 韓国では日本のアニメーション映画「君の名は。」が累計観客数350万人を突破する大ヒットを記録。「ハウルの動く城」が持っていた301万人を超え、韓国で上映された日本映画の記録を12年ぶりに塗り替えている。

 今回公開される日本人原作の2作品が韓国で再びヒットするか注目される。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。