Go to Contents Go to Navigation

昨年の新規自動車登録台数 前年比0.6%減の182万台=韓国

記事一覧 2017.03.26 15:52

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業協会(KAMA)によると、昨年の自動車新規登録台数は前年比0・6%減少した182万3041台となった。

出荷を待つ新車(資料写真)=(聯合ニュース)

 昨年上半期(1~6月)まで続いた自動車に対する個別消費税の引き下げの効果で、乗用車の登録は153万3813台となり、前年の水準を維持したが、乗合自動車(定員11人以上)は11.3%、貨物車は3.1%それぞれ減少した。

 また、エコカーやガソリン車は増加した一方、ディーゼル車と液化石油ガス(LPG)車は減少した。燃料別の新規登録台数の割合は、ディーゼル車が47.9%、ガソリン車が41.0%、LPG車が6.8%、ハイブリッド車(HV)が3.4%、電気自動車(EV)が0.3%だった。

 2015年はディーゼル車の割合が52.5%に達したが、粒子状物質(PM)などを含む大気汚染問題やフォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題などの影響で昨年は50%を割り込んだ。EVは前年より75.8%増加し、初めて年間5000台を突破した。

 年齢別では20、50代は増加したものの、そのほかの年齢では減少した。特に新車の主要顧客層の30代と40代は前年比3.2%、2.4%それぞれ減少した。個人負債の増加などによる消費心理が冷え込んだためとみられる。

 一方、法人の新規登録台数は4年連続増加の37万1198台となった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。