Go to Contents Go to Navigation

韓国の経済成長率 2年連続で2.8%増

記事一覧 2017.03.28 10:27

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が28日発表した統計によると、昨年の実質国内総生産(GDP)は、前年比2.8%増加した。

韓国銀行=(聯合ニュースTV提供)

 経済成長率は2011年の3.7%から12年は2.3%に落ち込み、13年は2.9%、14年は3.3%と上昇に転じたが、15年から2年連続で2.8%にとどまった。名目GDPは1兆6374億ウォン(約1630億円)で、前年比4.7%増加した。

 昨年の1人当たりの国民総所得(GNI)は2万7561ドルで、前年比1.4%増加した。GNIは2006年に初めて2万ドルを突破してから、10年間3万ドルの壁を越えられずにいる状況だ。

 1人当たりGNIは国民が国内や外国で稼いだ総所得を人口で割った数字で、国民の生活水準を把握する指標となる。

 これまで、1人当たりGNIは韓国が先進国の仲間入りを果たす基準として認識されてきた。

 しかし潜在成長率の下落などで3万ドルを超えるのは容易ではないのが現実だ。

 為替も1人当たりGNIに少なくない影響を与えている。ウォン安により、ドルに換算した際の規模が減少しているためだ。

 一方、昨年の総貯蓄率は前年比0.2ポイント上昇した35.8%で、1999年以来17年ぶりの高水準となった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。