Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部サイトに中国発のサイバー攻撃 被害なし

記事一覧 2017.03.28 17:09

韓国外交部サイトに中国発のサイバー攻撃 被害なし

「中国人の入店お断り」

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は28日の定例会見で、最近同部のホームページに対し中国からの「DDoS(ディードス)攻撃」(外部から大量のデータを送り付ける攻撃)が数回にわたり試みられたと明らかにした。

「報復措置を中断せよ」
中国人客が消えた仁川空港
趙報道官(資料写真)=(聯合ニュース)
「THAAD配備に反対」 北京に街宣車

 趙氏は「攻撃に対する即時の対応措置により被害は出ていない」と説明した。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国で反韓感情が高まっている中、中国のハッカー組織が先ごろ、韓国企業などへのサイバー攻撃を予告していた。

 趙氏は「韓国政府としては、いかなる形のサイバー攻撃にも反対すると表明した中国政府の一貫した立場に注目している。これにふさわしい責任ある措置を取り続けると期待している」と強調した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。