Go to Contents Go to Navigation

セウォル号から遺骨 296人目の犠牲者か

記事一覧 2017.03.28 18:03

【珍島聯合ニュース】韓国の海洋水産部は28日、2014年4月16日に南西部の珍島沖で沈没した旅客船「セウォル号」の引き揚げ現場で、行方不明者とみられる遺骨の一部を発見したと発表した。

遺骨が発見された位置(同部提供)=28日、珍島(聯合ニュース)

 遺体はセウォル号を載せた半潜水式の船舶の上で見つかった。同船舶はセウォル号を陸地まで運ぶ。

 セウォル号沈没事故では修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が依然行方不明となっている。14年10月28日に船内で高校生1人の遺体が見つかったのを最後に、犠牲者は発見されていないため、295人目の死亡者が発見されてから、883日ぶりの遺体収容となった。

 現場には国立科学捜査研究院の職員や警察官らが派遣され、身元の確認作業を行っている。

 遺体は木浦市内の病院に運ばれるという。今後は国立科学捜査研究院(国科捜)などによってDNA検査が行われるものとみられる。検査の結果、行方不明者であることが分かれば事故から約3年ぶりに家族のもとに戻ることになる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。