Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選 「正しい政党」が公認候補選出=主要政党で初

記事一覧 2017.03.28 17:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の失職に伴う大統領選(5月9日投開票)で、朴氏と距離を置く与党セヌリ党(当時、現在は「自由韓国党」)の非主流派が結成した「正しい政党」は28日、ソウルで党公認候補を選ぶ大会を開き、劉承ミン(ユ・スンミン)国会議員(59)を選出した。主要4党のうち、大統領選候補者を決定したのは同党が初めて。

正しい政党の大統領選候補者に選出された劉氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

 同党の公認候補選びでは劉氏と南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事が一騎打ちを展開してきた。劉氏は62.9%の得票率で南氏(37.1%)を制した。

 劉氏は各種世論調査で支持率トップを走っている最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表に対抗するため、自由韓国党や「国民の党」との候補一本化を主張しており、統一候補の実現を目指すとみられる。

 だが、低い支持率を上げるのはもちろん、候補一本化をめぐる交渉で生き残らなければならない厳しい道のりが予想される。

 劉氏は2005年に当時の朴槿恵党代表の秘書室長となり、07年の大統領選の党内予備選で朴氏を支援するなど、「元朴」(元祖親朴槿恵派)とされる。だが、昨年にセヌリ党の院内代表を務めていた当時、朴氏や青瓦台(大統領府)などに対し相次いで批判的な声を上げて朴氏と対立。事実上、辞任に追い込まれた。

 昨年12月末、28人の議員と共にセヌリ党を離党し、今年初めに正しい政党を結成した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。