Go to Contents Go to Navigation

セウォル号で発見の骨 動物骨と確認

記事一覧 2017.03.28 21:17

【珍島聯合ニュース】韓国の海洋水産部は28日、2014年4月に沈没した旅客船「セウォル号」の引き揚げ現場で同日に見つかった骨7片は国立科学捜査研究院による現場検証の結果、動物のものであることが確認されたと明らかにした。

セウォル号(中央)の引き揚げ作業が行われている=28日、珍島(聯合ニュース)

 国立科学捜査研究院の関係者らは骨は豚の骨である可能性があり、本院に運んで詳しい鑑識を行う方針だ。

 同部は同日午前、セウォル号を載せた半潜水式の船舶の甲板上で4~18センチ大の遺骨7片と、靴など遺留品の一部が見つかったと発表していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。