Go to Contents Go to Navigation

セウォル号船体調査委が初会議 委員長を選出=韓国

記事一覧 2017.03.29 14:35

セウォル号船体調査委が初会議 委員長を選出=韓国

セウォル号全体が海上に
娘の帰り待ち続け
セウォル号の陸揚げを準備
運搬船に搭載
3年ぶりに全容現す
続くセウォル号引き揚げ作業
不明者9人を家族の元へ
海上6メートルまで引き揚げ
変わり果てた姿
韓国海軍 セウォル号沈没原因めぐるうわさを否定(3月28日)

【木浦聯合ニュース】2014年に韓国南西部の珍島沖で沈没し、このほど引き揚げられた旅客船セウォル号の船体調査委員会は29日に初会議を開き、委員長に金昌俊(キム・チャンジュン)弁護士を選出した。金氏は選任直後の記者会見で「船体の調査が本来の目的だが、行方不明者の(遺骨)収容に優先的に取り組む」と述べた。セウォル号事故では修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が依然行方不明となっている。

船体調査委員会の初会議で発言する金昌俊委員長=29日、木浦(聯合ニュース)

 船体調査委は金氏を含む国会選出の5人と事故犠牲者遺族の代表が選出した3人の計8人で構成される。セウォル号の船体や遺留品、遺失物を詳細に調査し、事故原因を解明することが最大の任務だ。活動期間は調査開始日から6カ月だが、1回に限り延長でき、最長10カ月となる。

引き揚げられたセウォル号=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。