Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 東芝の半導体事業入札に参加

記事一覧 2017.03.29 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手、SKハイニックスが日本の金融機関系の投資家と組み、東芝が売却する半導体事業の入札に参加したことが29日、分かった。

SKグループの崔泰源会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 1回目の入札に2~3兆ウォン(約2000億~3000億円)で応札したとされるSKハイニックスは、今回は過半数の株式取得を条件とし、上乗せ金(プレミアム)を含め10兆ウォン以上で応札したとされる。

 入札には台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下のフォックスコンや米マイクロン・テクノロジー、米ウエスタンデジタル(WD)などが参加したとみられている。

 サムスン電子は独占禁止法に抵触することになり、入札は検討しなかったとされる。

 東芝は30日に臨時株主総会を開き、半導体事業の分社化を決め、6月ごろ優先交渉権者を決定する方針だ。

 SKハイニックスは崔泰源(チェ・テウォン)会長が半導体事業の拡大を目指しており、入札に参加したとされる。崔会長は2012年、エルピーダメモリの買収も検討していた。

 SKハイニックスは昨年10~12月期のNAND型フラッシュメモリーの世界市場でサムスン電子、東芝、ウエスタンデジタル、マイクロン・テクノロジーに次ぐ5位のシェアを占めている。東芝の半導体事業を買収する場合、2位に浮上する見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。