Go to Contents Go to Navigation

拘束か請求棄却か きょう朴前大統領の逮捕状審査 

記事一覧 2017.03.30 06:00

【ソウル聯合ニュース】収賄などの容疑で逮捕状が請求された韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が30日、ソウル中央地裁で行われる逮捕状の審査に出席する。逮捕状発付が決まれば、すぐに拘束されることになるため判事に自身の容疑について釈明するとみられる。

逮捕状の審査に出席する朴前大統領=(聯合ニュース)

 法曹界によると、朴氏は午前10時半に弁護団と共に地裁に出廷する。

 朴氏は、法廷の中央の「被告人席」に判事と向かい合って座り、審査を受ける。検察は朴氏から見て左側、弁護団は右側に座る。

 審査では、まず検察が朴氏の容疑事実と逮捕が必要な理由を説明する。

 検察は朴氏の容疑が13に上り、事案が重大で証拠隠滅と逃走の恐れがある点を強調するとみられる。検察は27日に地裁に提出した逮捕状の請求書類で、このような内容を挙げて逮捕の必要性を強く主張した。

 その後、弁護側が反対意見を提示する。

21日、ソウル中央地検に出頭した朴前大統領=(聯合ニュース)

 弁護側は朴氏にかけられた容疑を全面的に否認するとともに、逃走の恐れがなく、すでに共犯のうち相当数が逮捕されており、証拠隠滅の心配も少ないと反論するものとみられる。

 両者の意見陳述が終わると、判事が直接朴氏に確認の質問を行うこともある。

 これまで検察は朴氏に対する礼儀として「大統領」の呼称を用いたが、法廷では「被告」と呼ばれる可能性が高い。

 朴氏は外部に公開されることを承知で審査に出席する意思を明らかにしただけに、自身の立場を説明することが期待される。

 朴氏は21日に検察に出頭した際にも調書を7時間にわたって綿密に検討するなど、慎重に防御権を行使する姿を見せた。

 逮捕状の審査は原則的に非公開で行われる。従って関係者以外は法廷に入ることができず、朴氏の警護要員も法廷に入ることはできない。審査は31日早朝まで続く可能性がある。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。