Go to Contents Go to Navigation

中国発PM2.5 韓日で約3万人が早期死亡=英ネイチャー誌

記事一覧 2017.03.30 09:48

中国発PM2.5 韓日で約3万人が早期死亡=英ネイチャー誌

ぼんやり灰色のソウル

【ソウル聯合ニュース】2007年の1年間に中国から流れ込んだ微小粒子状物質(PM2.5)の影響で、韓国と日本で早期に死亡した人の数が3万900人に達するとの研究結果が、30日明らかになった。

道路上の粒子状物質を吸引
中国発のPM2.5などによる大気汚染が深刻化している=(聯合ニュースTV)
旧正月のソウルを覆うPM

 中国・清華大と北京大、米カリフォルニア大アーバイン校、カナダ・ブリティッシュコロンビア大などが参加した国際共同研究チームは、粒子の大きさが2.5マイクロメートル(100分の1メートル)以下の微小粒子状物質の移動が世界の人々の健康に及ぼす影響を分析し、英科学誌ネイチャーに発表した。

 これまで、特定の地域で発生したPM2.5がその地域の人々の早期死亡率に与える影響は調査されてきたが、地球レベルでの影響を分析したのは今回が初めてだ。

寒気去りPM襲来

 研究チームは2007年の1年間に228カ国・地域で製造業により発生した微小粒子状物質の濃度と流入経路、微小粒子状物質が発生の危険を高めるとされている脳卒中、肺がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)で早期死亡した人の数などの資料を利用してモデルを作成し、微小粒子状物質の流入と早期死亡率の相関性を分析した。

 その結果、微小粒子状物質による心臓疾患、肺疾患で早期に死亡した人は計345万人と推定され、このうち12%に当たる41万1100人は別の地域から飛来した微小粒子状物質の影響で死亡したと分析された。

 韓国と日本では、中国からの微小粒子状物質の影響で3万900人が死亡したと推計された。

 今回の研究に共著者として参加したカリフォルニア大アーバイン校のスティーブン・デービス教授は、「多くの企業が安価な労働力を求めて中国に工場を建設したため、中国の微小粒子状物質排出量が世界で最も多い」と述べ、「隣接する韓国と日本は人口密度が高く、大きな影響を受ける」と説明した。

 粒子状物質(PM10)は粒子の大きさが10マイクロメートル以下で、有害な炭素類と大気汚染物質などで構成される。中でも粒子の大きさが2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子状物質(PM2.5)という。微小粒子状物質は肺、血管、脳まで浸透して心臓疾患、脳卒中、肺疾患などの発症のリスクを高めるとされる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。