Go to Contents Go to Navigation

全斗煥氏「朴槿恵氏に大統領職は困難と判断」=回顧録で語る

記事一覧 2017.03.30 14:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が2002年の大統領選挙に意欲を示し、全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領に助力を求めたものの、全氏は朴氏の力量では無理だと判断し、これを拒んでいたことが30日、聯合ニュースが単独入手した「全斗煥回顧録」第3巻で明らかになった。

2004年、全斗煥元大統領(左)と握手する当時の朴槿恵ハンナラ党代表(資料写真)=(聯合ニュース)

 回顧録によると、02年2月に当時の李会昌(イ・フェチャン)総裁率いる保守系ハンナラ党を離党し、3カ月後に新党「韓国未来連合」を旗揚げした朴氏は、大統領選への挑戦を示唆して全氏に力添えを求めた。だが全氏は「考えた末、その思いを引っ込めるよう遠回しに伝えさせた」と明かした。その理由については「朴氏に与えられた条件と能力では無理な欲だと考えたため」と記した。

 全氏はまた「朴氏が大統領になることには成功するかもしれないが、『大統領の職』を成功裏に遂行するのは難しいと見込み、失敗すれば『父(朴正熙元大統領)に恥をかかせる結果になるかもしれない』との懸念を伝えさせた」と明かした。

 同年12月に実施された大統領選では、新千年民主党の盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏がハンナラ党の李会昌氏を抑えて当選した。

 朴槿恵氏は12年12月の大統領選で当選し、13年2月に就任したが、親友の国政介入疑惑などに絡み国会に弾劾訴追され、憲法裁判所の罷免決定により今月10日に失職した。収賄容疑などで逮捕状が請求されており、30日の令状審査を経て発付の可否が決まる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。