Go to Contents Go to Navigation

朴前大統領の逮捕状審査 昼食のための休廷挟み続開=韓国

記事一覧 2017.03.30 15:23

【ソウル聯合ニュース】収賄容疑などで韓国検察が請求した朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状の発付可否を決める審査が、昼食のための休廷を挟んで続けられている。

硬い表情で地裁に出頭した朴槿恵氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル中央地裁での審査は30日午前10時半に始まり、午後1時過ぎから1時間休廷となった。出廷している朴氏は、法廷横の控え室で弁護士らと弁当の昼食を済ませたようだ。

 令状審査は一般的に長くても3~4時間ほどのため、途中で休廷することは珍しい。朴氏の場合は検討すべき記録が膨大な上、防御権行使に全力を挙げているとみられ、審査時間はかなり長くなる可能性もある。朴氏はサムスングループからの収賄や職権乱用、強要などの容疑が持たれている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。