Go to Contents Go to Navigation

マレーシアから北京に移送された金正男氏の遺体 北朝鮮へ  

記事一覧 2017.03.31 14:40

【北京聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件への関与が疑われる在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と北朝鮮の航空会社・高麗航空職員のキム・ウクイル氏が、31日未明にマレーシアから空路で経由地の北京に入り、同日午後に平壌に向け出発した。共に北京に運ばれた正男氏の遺体もこの日、中国国際航空の便で北朝鮮に向かったという。

殺害された金正男氏=(聯合ニュースTV)

 正男氏は2月13日にマレーシアの空港で殺害され、事件の背後には北朝鮮政権がいるとの見方が多かった。マレーシアと北朝鮮は今月30日、正男氏の遺体を「北朝鮮にいる家族」に引き渡し、互いの国民の出国禁止措置を解除することで合意していた。家族とは事実上、金正恩委員長を意味するとみられる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。