Go to Contents Go to Navigation

大韓サッカー協会長 FIFA理事の資格審査通過=5月に選挙

記事一覧 2017.03.31 16:24

【ソウル聯合ニュース】大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、国際サッカー連盟(FIFA)理事選の最初の関門となる資格審査を通過した。

鄭夢奎氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 アジアサッカー連盟(AFC)は31日、ホームページを通じてFIFA理事選に出馬した男性4人、女性4人の計8人が候補として資格に問題がないと明らかにした。

 これにより、鄭氏はFIFA理事選に立候補した他の3人と共に、AFCの男性委員に割り当てられた3席をめぐって争う。

 鄭氏のほかに5月にFIFA理事の任期が終了するアジアオリンピック評議会(OCA)のアハマド会長、中国サッカー協会の張剣副会長、フィリピンサッカー協会のバラネタ会長が候補資格を獲得した。

 FIFA理事はこれまでの25人から37人に増えたことにより、アジアの理事数も4人から7人に増えた。

 今回アジアでは男性3人と女性1人を新たに選出するが、2015年のFIFA理事選で日本サッカー協会の田嶋幸三会長、マレーシアサッカー協会のアブドラ会長に敗れ落選した鄭氏は、相対的に当選する可能性が高いとみられる。

 一方、女性理事1人枠をめぐっては北朝鮮サッカー協会のハン・ウンギョン副会長をはじめ、4人が争う。

 FIFA理事選は、5月8日にバーレーンで開かれる予定のAFC総会で行われる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。