Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 外部情報接触への処罰強化=最高で10年刑

記事一覧 2017.04.02 11:44

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が刑法を改正し、資本主義的な文化や体制を批判するような外部情報に接する行為に対する処罰を強化したことが2日、分かった。北朝鮮当局が住民の間に韓流など外部情報が流入して体制の結束力が弱まる状況を敏感に察知し、統制を強めているとみられる。

 聯合ニュースが入手した北朝鮮の2015年改正刑法によると、「退廃的な文化」を搬入・流布・不法保管(第183条)、「退廃的な行為」をした罪(第184条)に対し、情状が重い場合は5年以上10年以下の労働教化刑(懲役刑に相当)に処するよう定めている。

 韓国政府のデータベースで公開されている最新の北朝鮮刑法(12年5月の改正版)では、情状が重い場合、退廃的な文化の搬入・流布には5年以下、退廃的な行為には2年以下の労働教化刑を科すとしており、量刑が重くなった。

 北朝鮮の刑法条文で「退廃的な行為」とは「退廃的で色情的、醜い内容を反映した絵、写真、図書、歌、映画などを見たり聞いたり再現」することで、事実上、韓国のドラマや映画など資本主義文化に接する行為全般を意味する。

 「敵の放送」を聞いたか、敵地物(ビラ)を収集・保管・流布した罪(第185条)の量刑は労働教化刑5年から改正版では同10年となった。

 また、不法国際通信罪(第222条)が新設され、不法な国際通信をした者には1年以下の労働鍛錬刑、情状が重い場合は5年以下の労働教化刑に処すとした。

 故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の「遺訓」の執行が不十分な場合も処罰する条項を設けた。

 刑法第74条の「命令、決定、指示執行怠慢罪」は「主席、国防委員会委員長、国防委員会第1委員長の命令、最高司令官の命令、党中央軍事委員会の命令、決定、指示」などを適時かつ正確に執行しなかった者は1年以下の労働鍛錬刑に処すとした。

 「主席」と「国防委員会委員長」は12年の刑法にはない。死後、「永遠の主席」「永遠の国防委員長」に推戴された金主席と金総書記を意味するとみられる。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長だけでなく、死亡した金主席と金総書記の遺訓を履行しないと処罰するとした条項は、幹部に対する恣意的な処罰の口実として使われる可能性がある。

 一方、10の条項で構成される「資金洗浄・テロ資金支援犯罪」との章も新設した。北朝鮮が国際社会の金融制裁の影響を緩和するため、14~15年ごろに行った資金洗浄の関連制度整備作業の一環とみられる。

 北朝鮮は15年1月21日と7月22日の最高人民会議常任委員会で刑法を改正した。13年と14年にも改正が行われたとされる。

 16年6月の最高人民会議で「社会主義憲法」を改正しており、改正憲法を反映するため、その後に法改正が行われた可能性もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。