Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自の3月中国販売5割減 THAAD問題で逆風

記事一覧 2017.04.04 09:44

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国で、韓国車の販売が急減していることが4日、分かった。

THAAD問題の影響で、韓国車メーカーは中国で苦戦を強いられている=(聯合ニュースTV)

 業界によると、韓国の現代自動車と子会社・起亜自動車の中国での先月の販売台数は計7万2032台で、前年同月比52.2%急減した。月間販売が10万台を下回ったのは昨年2月(9万5235台)以来となる。販売の急減は、THAADの配備を受けて中国国内で韓国製品の購入を避ける雰囲気が広がっているためとみられる。

 THAAD問題に乗じて販売を伸ばそうとする競合メーカーもいる。独フォルクスワーゲン(VW)の中国販売業者の一部は、韓国車を売って自社の車を買う人に3000~1万6000人民元(約5万~26万円)を割り引きするキャンペーンを行っている。また、中国のある自動車メーカーは韓国車の購入をキャンセルした人に「愛国ギフト」を贈呈しているとされる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。