Go to Contents Go to Navigation

北のテロ支援国再指定へ米下院が法案可決 「強硬ムード反映」=韓国

記事一覧 2017.04.04 10:47

【ソウル聯合ニュース】米下院が3日(現地時間)、北朝鮮をテロ支援国に再指定するよう求める法案を圧倒的な賛成多数で可決したことについて、韓国の外交部当局者は「米議会の超党派的で強硬な雰囲気の下で行われた」と述べ、歓迎の意を示した。

 同当局者は法案に関し、「北の核とミサイル脅威に対する深刻な憂慮と、中国のTHAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム)関連の(対韓)対抗措置に韓米同盟レベルで対応する必要があるという米議会内の広範囲な支持を反映したもの」と評価した。

 また、「米中首脳会談を控え、北の挑発脅威や中国のTHAAD関連報復措置などについて明確なメッセージを発信したことで注目される」と強調した。

 法案は上院を通過した後、トランプ大統領の署名で成立する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。