Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイルは中距離「北極星2」=米太平洋軍

記事一覧 2017.04.05 09:43

【ソウル聯合ニュース】米太平洋軍は4日(米国時間)、北朝鮮が東部の咸鏡南道・新浦付近の地上施設から弾道ミサイル1発を発射したと発表するとともに、中距離弾道ミサイルの「KN15(北極星2)」だったとする初期分析結果を示した。

「KN15(北極星2)」(資料写真)=(聯合ニュース)

 米軍当局は今年2月12日に北朝鮮が発射実験を行った北極星2を「KN15」と命名したとされる。米軍は、北朝鮮の新型ミサイルを把握すると「KN」に数字を加えて名前を付けている。

 米太平洋軍は声明で、「安全保障のため同盟国の韓国、日本と緊密に協力する」と表明した。また、今回のミサイル発射は米本土に脅威にならなかったと説明した。

 米国での米中首脳会談(6~7日)を控えた5日、北朝鮮は東海に向け弾道ミサイル1発を発射して武力を誇示した。韓国軍の合同参謀本部は、ミサイルは午前6時42分ごろ新浦付近から発射され、飛距離は約60キロだったと伝えている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。