Go to Contents Go to Navigation

大統領代行と日本大使の面会 外交慣例など検討して判断=韓国

記事一覧 2017.04.06 15:38

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は6日の定例会見で、約3カ月ぶりに帰任した長嶺安政・駐韓日本大使が黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相との面会を要請したことについて、「外交慣例、面会の必要性などを総合的に検討し、わが政府が自主的に判断する」との方針を明らかにした。

金浦空港に到着した長嶺大使=4日、ソウル(聯合ニュース)

 趙報道官は「黄首相との面会要請が外交部にあった」として、長嶺大使から尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官との面会の申し入れもあったと伝えた。

 在韓日本大使館は4日の長嶺大使の帰任に当たり、黄首相や統一部長官、国防部長官との面会を要請し、その後に尹長官との面会を求めたとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。