Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が金正恩氏の業績宣伝 トップ就任5年迎え

記事一覧 2017.04.07 14:54

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が党と国家のトップに就任してから5年になるのに合わせ、この間の「業績」を振り返る長文の記事を掲載した。最高指導者の偶像化と内部結束の強化が目的とみられる。

金正恩委員長をたたえるミュージックビデオ(資料写真)=(聯合ニュース)

金正恩委員長をたたえるミュージックビデオ(資料写真)=(聯合ニュース)

 金委員長は、2012年4月11日には朝鮮労働党最高ポストの党第1書記に、同13日には当時の最高権力機関だった国防委員会のトップである第1委員長にそれぞれ就任した。

 同通信は、金委員長が「党と革命隊列の団結を多方面に強化した」とし、核開発と経済建設を同時に進める並進路線の宣布(13年3月)、第7回党大会の開催(16年5月)などに言及した。国防分野では、2度の核実験と弾道ミサイル「火星10(ムスダン)」「北極星2」や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの発射を成功させ、「強力な攻撃手段と防衛手段を兼ね備えた無敵の核強国」としての威容を誇ったと宣伝した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。