Go to Contents Go to Navigation

LG電子 1~3月期営業益が過去最高を記録

記事一覧 2017.04.07 19:12

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が7日発表した1~3月期連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は9215億ウォン(約898億円)で、前年同期比82.4%増加した。売上高は同9.7%増の14兆6605億ウォン。

LG電子(イメージ)=(聯合ニュースTV)

 営業利益と売上高はいずれも1~3月期として過去最高を更新し、昨年10~12月期に記録した353億ウォンの営業赤字からV字回復を果たした。テレビと家電製品の収益性維持、スマートフォン事業の赤字幅減少に伴い業績が回復したと分析される。

 家電製品の需要が少ない1~3月期に、プレミアムブランド「LGシグネチャー」を中心に収益性を引き上げた。

 また、テレビ部門では最上位クラスの有機ELテレビ「OLEDテレビ」と中上位クラスのナノセルテレビ(高精細液晶テレビ)でプレミアム戦略を進め、収益率を高めた。

 2015年4~6月期から7四半期連続で🅂赤字を計上したスマートフォン事業部は、昨年下半期にリストラと事業構造の改編を断行し、1~3月期に赤字幅が減少したと推定される。

 3月10日に発売されたスマホの戦略機種「G6」の今後の売り上げによって、4~6月期の業績が変動するものとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。