Go to Contents Go to Navigation

韓米日が19日に防衛実務者協議 北朝鮮の核問題など議論

記事一覧 2017.04.17 17:24

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国、日本の3カ国が19日、東京で第9回の防衛実務者協議(DTT)を開き、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応を議論する。韓国国防部が17日発表した。

昨年12月にソウルで開かれたDTT。左から日本、韓国、米国の代表(国防部提供)=(聯合ニュース)

 DTTは3カ国共通の脅威となっている北朝鮮の核・ミサイル問題など、地域の安保課題について話し合う定例会議で、2008年以降8回開催された。3カ国の国防当局の次官補級が首席代表を務め、外交の実務者らも出席する。

 今回は韓国国防部の魏昇鎬(ウィ・スンホ)国防政策室長、米国防総省のヘルビー次官補代理(アジア・太平洋安全保障担当)、日本防衛省の前田哲・防衛政策局長が首席代表を務める。

 北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの挑発行為を行う可能性があり、米国は軍事的対応を排除していない。このため3カ国は連携強化について協議するとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。