Go to Contents Go to Navigation

海上から北の重要施設攻撃 艦対地誘導弾の開発完了=韓国

記事一覧 2017.04.18 09:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は18日、7年に及ぶ研究開発(R&D)を経て、新たな「戦術艦対地誘導弾」の開発をこのほど完了したと発表した。海軍の護衛艦に搭載して敵地の沿岸部と地上のターゲットを攻撃する兵器システムで、装甲車を貫通する威力を持つ弾丸数百個が分散して爆発し、サッカー場2個分の面積を焦土化できる。有事の際、北朝鮮の地上の重要施設を精密攻撃する役割を負う。

垂直発射タイプの戦術艦対地誘導弾(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)

 今回開発されたのは垂直発射するタイプで、来年から量産に入り2019年に実戦配備を始める計画だ。斜めに発射するタイプの戦術艦対地誘導弾は14年に開発され、昨年、実戦配備が始まった。

斜めに発射するタイプの戦術艦対地誘導弾(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。