Go to Contents Go to Navigation

長嶺駐韓大使 韓国国防部次官と会談=朝鮮半島情勢議論

記事一覧 2017.04.18 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部は18日、長嶺安政・駐韓日本大使が同部を訪れ、黄仁武(ファン・インム)次官と面会し、朝鮮半島の安全保障情勢について意見交換したと明らかにした。

10日、外交部に入る長嶺大使=(聯合ニュース)

 面会は同日午後4時から約30分間行われた。北朝鮮の核・ミサイル脅威が高まる中、関連情報を共有するとともに効果的な対応に向け韓日、韓米日の緊密な連携が重要との認識で一致した。

 また、昨年の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結後、両国の間でしっかりと情報共有が行われていることを評価し、今後も北朝鮮の核とミサイルに関連した情報の交換を続けていくことで一致した。

 長嶺大使は釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として1月9日に一時帰国していたが、今月4日に帰任した。10日に韓国外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官と面会している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。