Go to Contents Go to Navigation

[芸能]イ・ジュンイク監督の新作映画「朴烈」 6月末公開

記事一覧 2017.04.24 10:25

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「王の男」や「王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間」などのヒット作で知られるイ・ジュンイク監督の新作映画「朴烈」(原題)が、6月末に韓国で公開される。配給会社が24日、明らかにした。

映画「朴烈」のポスター(配給会社提供)=(聯合ニュース)

 同作品は1923年、関東大震災時の朝鮮人虐殺を隠蔽(いんぺい)しようとする日本の計略に立ち向かった朝鮮人の青年、朴烈(パク・ヨル)と、その同志で恋人の金子文子の実話をもとにする。抗日運動団体を組織した朴は、日本の皇室暗殺を計画したとして大逆罪に問われ死刑を言い渡されたが、朝鮮では英雄と呼ばれる。

 俳優のイ・ジェフンが朴を演じた。

 イ監督は「時代を問わず若者が持つ純粋な信念を描こうと思った。現在を生きる私たちがはたして日帝強占期(日本による植民地支配時代)の朴烈のように世界をまっすぐに見つめ生きようとしているのか、問いかける映画だ」と紹介した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。