Go to Contents Go to Navigation

北の人民武力相「米攻撃手段を実戦配備」 軍創建記念報告大会で

記事一覧 2017.04.24 21:05

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朴永植(パク・ヨンシク)人民武力相は24日、朝鮮人民軍創建85周年を祝う中央報告大会で、「米帝(米国)と追従勢力を無慈悲に打ち負かす超精密化、知能化された打撃手段」がすでに「実戦配備」されたと主張した。また、「アジア太平洋地域の米帝侵略軍の基地と米国本土を照準に収めた核攻撃手段は現在も常に発射待機の状態にある」と威嚇した。朝鮮中央テレビが同日、中央報告大会を録画放送した。

朴永植・人民武力相(資料写真)=(聯合ニュース)

 朴氏は北朝鮮には米国が望むどのような形の戦争であっても喜んで相手をする無敵の力があるとした上で、「われわれの尊厳を傷つける者は誰であっても絶対に容赦せず、われわれの代で必ず反米対決戦を総決算しようとするのは人民軍の揺るがない意志」と述べた。

 北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85周年を迎える。内部結束と軍の士気高揚のために6回目の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などの挑発行為に踏み切る可能性が指摘されている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。