Go to Contents Go to Navigation

米国の対韓直接投資 リーマン後初めて減少

記事一覧 2017.05.08 11:34

【ソウル聯合ニュース】韓国企業に対する米国からの直接投資が、昨年減少したことが8日、分かった。リーマン・ショックが発生した2008年以来、8年ぶりのマイナスとなった。

韓国の株式市場(イメージ)=(聯合ニュース)

 韓国銀行(中央銀行)の統計によると、韓国に対する外国人の投資残高(対外負債)は昨年末時点で9613億ドル(108兆3800億円)と、1年前に比べ2.3%増加した。08年以降増加が続いた後、14年と15年は連続で減少しており、昨年は3年ぶりに増加に転じた。

 国・地域別にみると、米国からの投資残高が2664億ドルで最も多い。3年ぶりにプラスに転じた。ただ、このうち直接投資は前年末比1.0%減の339億ドルで、8年ぶりのマイナスとなった。

 米国に次いで、欧州連合(EU)が2389億ドル、東南アジアが1669億ドル 日本が785億ドル、中国が539億ドルの順だった。EUと中国が増加した半面、日本は4年連続マイナス、東南アジアも減少した。

 一方、韓国の外国への投資残高(対外資産)は昨年末時点で8686億ドルと、前年末に比べ11.9%増加した。

 特に対米投資残高は23.2%増の2448億ドルを記録した。債券投資が急増したため。

 EUが1391億ドル、東南アジアが1376億ドル、中国が1236億ドルと続いた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。