Go to Contents Go to Navigation

大気汚染物質の軽減策を議論 国際フォーラム開催へ=韓国

記事一覧 2017.05.29 12:00

【ソウル聯合ニュース】深刻さを増す粒子状物質(PM10)などの大気汚染問題を議論するため、韓国、中国、日本、モンゴルなど北東アジアの13自治体の関係者らが集まるフォーラムが来月初めにソウルで開催される。

 ソウル市は29日、来月1~2日に同市庁で「第7回東北アジア大気質改善国際フォーラム」を開くと明らかにした。

 フォーラムにはソウル、北京、重慶、吉林省、湖南省、東京、京都、ウランバートルなど北東アジアの13自治体が参加。韓国環境部の首都圏大気環境庁、中国の環境科学研究院、武漢大、日本の三重大、モンゴル生命科学大など各国の政府機関や研究機関も加わる。

 初日は、環境問題の専門家である三重大の朴恵淑(パク・ヘスク)教授と金相勲(キム・サンフン)首都圏大気環境庁長の基調演説をはじめ「高濃度大気汚染非常対応のための都市優秀事例」「大気質改善のための東北アジア都市の政策協力策」「東アジア澄んだ空気の都市協議体の成果と課題」をテーマにしたセッションが開催される。

 2日目は韓・中・日の環境科学研究機関の大気質専門家と環境団体が、粒子状物質低減のための大気質の調査研究・制御技術とともに大気質を改善するための役割を議論する。

 参加を希望する個人や団体の問い合わせは、事務局(02-2152-5002、

マスク姿で出勤
マスクして屋外授業
中国から黄砂飛来
マスクの売り上げ増加

jsw@ioconvex.com)まで。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。