Go to Contents Go to Navigation

通商交渉本部・中小ベンチャー企業部を新設=韓国政府組織改編案

記事一覧 2017.06.05 11:15

【ソウル聯合ニュース】韓国政府と与党は5日、産業通商資源部に通商交渉本部を設置し、中小ベンチャー企業部を新設することなどを柱とする政府組織改編を推進することを決めた。与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)政策委員会議長が国会で政府、青瓦台(大統領府)との幹部会議の結果を発表した。

与党、政府、青瓦台の幹部会議に出席した(左から)金政策委員会議長、禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表、李洛淵(イ・ナクヨン)首相、田炳憲(チョン・ビョンホン)青瓦台政務首席秘書官=5日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は「国内外の困難な環境を考慮し、国政安定のため、政府組織改編を最小化することが望ましいとの点で一致した」とした上で、「雇用創出や経済活性化、国民の安全や生態系保全、社会の変化に合わせた機関の地位調整に焦点を当てた」と説明した。

 政府組織は従来の17部・5処・16庁・5室から18部・5処・17庁・4室に改編される。

 金氏は「急変する通商環境や保護貿易主義の拡大に対応するため、産業通商資源部の貿易と通商業務を担当する通商交渉本部を設置することにした」と明らかにした。通商交渉本部長は次官級だが、対外的には「通商長官」の地位を与えるなど、機能と地位を強化することにした。

 また、与党と政府、青瓦台は中小企業庁を昇格させた中小ベンチャー企業部を新設し、大企業と中小企業の共存・発展の基盤をつくることにした。中小企業政策の強化のため、産業通商資源部の産業支援業務の一部や未来創造科学部の起業支援機能、金融委員会の技術保証基金管理機能などを中小ベンチャー企業部に移管する方針だ。

 一方、消防庁や海洋警察庁を国民安全処から独立させ、国家報勲処長を長官級に引き上げることにした。

 行政自治部は消防・海洋警察を除く国民安全処の機能を統廃合した行政安全部に改編される。

 大統領警護室は警護処に変更し、警護処長は次官級に引き下げる。警護室長は長官級だった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。