Go to Contents Go to Navigation

韓国・光州南部に「平和の少女像」設置へ 今夏の除幕目指す

記事一覧 2017.06.07 16:57

【光州聯合ニュース】韓国南西部の光州市南区に、旧日本軍慰安婦の被害者を象徴する「平和の少女像」が設置される。同区は7日、「世界慰安婦の日(8月14日)」に合わせた除幕を目指し、像の設置を推進すると発表した。

韓国各地に設置された「平和の少女像」(資料写真)=(聯合ニュース)

 同区長や区議会議長ら45人が代表委員を務める「平和の少女像建立推進委員会」が9日に発足式を開き、設置費を工面するための募金活動などに取り組む。

 発足式では、同委員会の常任執行委員長が慰安婦問題の解決に向けた真相解明、日本の謝罪と法的賠償、歴史教科書への記述、慰霊塔や史料館の建立、責任者の処罰など七つの要求案を提示する。

 「世界慰安婦の日」は、1991年8月14日に慰安婦被害者の故金学順(キム・ハクスン)さんが初めて自身の被害を公の場で証言したことを記念する日で、2012年末に開かれた旧日本軍の慰安婦問題解決に向けた「アジア連帯会議」で制定された。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。