Go to Contents Go to Navigation

韓国の成長率見通し 今年2.6%で据え置き=OECD

記事一覧 2017.06.07 20:55

【世宗聯合ニュース】経済協力開発機構(OECD)が最新の経済見通しで、韓国の2017年の実質国内総生産(GDP)成長率を7カ月前と同じ2.6%とした。韓国企画財政部が7日伝えた。

輸出入用のコンテナで埋まる釜山の港(資料写真)=(聯合ニュース)

 OECDは昨年6月に韓国の17年の成長率見通しを3.0%とした後、5カ月後の同年11月に2.6%に下方修正していた。

 来年の成長率見通しは2.8%で、昨年11月に発表した3.0%から0.2ポイント引き下げた。

 OECDは今年の韓国経済が半導体業界の好調による輸出改善、企業投資の増加、心理改善などが後押しし、緩やかな回復傾向を見せると予想した。

 韓国経済のリスク要因には、朝鮮半島情勢の緊張の高まり、韓米自由貿易協定(FTA)改定の可能性、不動産・家計債務(個人負債)の増加などを挙げた。

 またOECDは韓国政府に対し、追加補正予算の編成など積極的な財政政策の必要性を指摘した。

 加えて、不動産担保ローンの規制は住宅市場の下落をソフトランディング(軟着陸)させることと、家計債務を安定させることを同時に達成できるため、慎重に計画する必要があると助言した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。