Go to Contents Go to Navigation

韓国親会社と開発のAI搭載 LINEのスピーカー日本で発売へ 

記事一覧 2017.06.16 17:00

【ソウル聯合ニュース】無料通信アプリのLINE(東京・新宿)は15日に東京で事業戦略発表会を開き、人工知能(AI)を搭載したスピーカー端末「WAVE(ウエーブ)」を今秋、日本で1万5000円で発売すると発表した。親会社の韓国IT大手・NAVER(ネイバー)と共同開発したAI「Clova(クローバ)」を組み込んだ初の製品となる。

LINEのAIスピーカー「WAVE」(同社提供)=(聯合ニュース)

 ウエーブは、話しかけるとニュースや天気を読み上げたり、音楽を流したりする。家電の操作も可能だ。また、ユーザーはLINEの音楽配信サービス「LINE MUSIC」が提供する約4000万曲の楽曲を聴くことができる。音楽機能に絞った先行版を今夏に1万円で発売する。

 LINEのキャラクターをモチーフにしたデザインのAIスピーカー「CHAMP(チャンプ)」も今冬、日本で発売する計画だ。

LINEのAIスピーカー「CHAMP」(同社提供)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。