Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題 「被害者中心の解決へ努力」=韓国女性家族相候補

記事一覧 2017.07.04 10:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が女性家族部の長官候補に指名した鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)元成均館大教授は4日、国会の人事聴聞会に出席し、旧日本軍の慰安婦問題について「外交部と共に知恵を集め、被害者のハルモニ(おばあさん)の立場で被害者中心に問題を解決できるよう努力する」と強調した。

聴聞会で発言する鄭長官候補=4日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は「被害者のハルモニの実質的な生活安定支援とともに、歴史資料の収集・調査・研究など記念事業も体系的に実施したい」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。