Go to Contents Go to Navigation

T.O.P「新たな気持ちで生きる」 大麻吸引で執行猶予判決

記事一覧 2017.07.20 15:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBIGBANG(ビッグバン)でT.O.P(トップ)の芸名で活動し、大麻を吸引したとして麻薬管理法違反の罪で在宅起訴されたチェ・スンヒョン被告(29)の判決公判が20日、ソウル中央地裁で開かれ、求刑通り懲役10カ月、執行猶予2年が言い渡された。

公判を終えて地裁を出るチェ被告=20日、ソウル(聯合ニュース)

 裁判官は「被告が犯行を全て認めており、証拠に基づき起訴事実が全て有罪と認定される」と説明。また「被告は家族やファンを失望させたが、過ちを反省していること、二度としないと誓ったことなどを勘案した」と量刑の理由を述べた。

 チェ被告は判決を受け「全ての過ちを認めて受け入れる。再びこうしたことが起きないよう人生の教訓とし、新たな気持ちで生きていきたい」と心境を語った。今後の兵役問題については「与えられた処分に従い国防の義務に最善を尽くす」と述べた。

 チェ被告は昨年10月、ソウル市内の自宅で20代の女性と4回にわたって大麻を吸引したとして、兵役中の今年6月に起訴された。同月29日の初公判でチェ被告は「乱れた精神状態と誤った考えが誤った判断につながり、取り返しのつかない過ちを犯した。人生最悪の瞬間であり、深く後悔している」と述べて罪を認め、善処を求めた。

 チェ被告は今年2月に兵役に就き、軍で服務する代わりに義務警察として勤務していたが、起訴されたことで法令に基づき職務を解かれた。執行猶予が出たことで、所属する地方警察庁の審査を経て義務警察としての服務が適切かどうかの判断を受ける。

BIGBANGのT.O.P
T.O.Pが薬物過剰摂取で搬送
T.O.P 集中治療室出る
大麻で有罪判決 頭下げるT.O.P

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。