Go to Contents Go to Navigation

ビッグバンのT.O.P 義務警察復職後に病気休暇取得

記事一覧 2017.07.28 21:20

【ソウル聯合ニュース】兵役中に麻薬管理法違反の罪に問われ執行猶予付き判決を受けた韓国の人気グループ、BIGBANG(ビッグバン)のメンバー、T.O.P(トップ)が義務警察として復職したことが28日、分かった。

今月20日、判決公判が開かれたソウル中央地裁で報道陣に囲まれるT.O.P=(聯合ニュース)

 ソウル地方警察庁によると、T.O.Pは控訴せず判決が確定したため復職を命じられた。

 今年2月に兵役に就いたT.O.Pは軍で服務する代わりに警察で勤務する義務警察として同警察庁に配属されたが、6月に麻薬管理法違反の罪で在宅起訴され、法令に基づき職務を解かれた。

 T.O.Pは復職後、不安障害などを訴え診断書と両親の同意書を提出し、病気休暇を取得したという。

 T.O.Pは兵役に就く前の昨年10月にソウル市内の自宅で20代の女性と4回にわたって大麻を吸引したとして起訴された。今月20日の判決公判で懲役10カ月、執行猶予2年が言い渡された。

 ソウル地方警察庁は来週中に受刑者再服務適否審査委員会で、T.O.Pが再び義務警察として服務するのが適切かどうか審査を行う。

大麻で有罪判決 頭下げるT.O.P
大麻吸引で有罪判決

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。