Go to Contents Go to Navigation

スマホで車のエンジンをかける「スマートキー」 韓国で初開発

記事一覧 2017.08.02 11:05

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車部品メーカーの現代モービスは2日、近距離無線通信(NFC)対応のスマートフォン(スマホ)を車の「スマートキー」として活用するシステムを国内で初めて開発したと発表した。2019年の製品量産開始を目指す。

NFC対応のスマートキー=(聯合ニュース)

 NFCは端末同士が10センチ以内の距離でデータをやりとりできる技術。NFCを採用したスマートキーは携帯しやすくセキュリティーに優れているのがメリットだ。

 運転者が専用アプリをインストールしたNFC対応のスマホを車のドアの取っ手にかざすとロックが解除され、車内の無線充電パッドにスマホを置いてボタンを押せばエンジンがかかる。ドアの取っ手と充電パッドにはNFCの信号を受信するアンテナが内蔵されており、車とスマホ間の通信が可能だ。

 現代モービスはセキュリティーを高めるため、最新のデータ暗号化技術と認証技術を採用した認証コントローラーを開発し、車とスマホの情報を暗号化して本人であるかどうかを正確に確認するようにした。また、車の所有者が第三者にスマートキーの使用権を与えることも可能にしている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。