Go to Contents Go to Navigation

ウォンが対ドルで3日続落 北朝鮮情勢の緊迫化が影響

記事一覧 2017.08.11 16:48

【ソウル聯合ニュース】核・ミサイルを巡り北朝鮮と米国が対立し、情勢が緊迫化する中、11日のソウル外国為替市場でウォンの対ドル相場は3日続落した。終値は前日比1.5ウォン安の1ドル=1143.5ウォンだった。

韓国総合株価指数(KOSPI)や為替相場を示す金融機関のモニター=11日、ソウル(聯合ニュース)

 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイルに搭載可能な小型核弾頭の開発に成功した可能性があると報じられて以降、ウォン・ドル相場の終値は3日間で18.4ウォン下落したが、下落幅は次第に縮小している。前日終値比で9日は10.1ウォン安、10日は6.8ウォン安だった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。