Go to Contents Go to Navigation

日本人観光客が減少の見通し 北朝鮮核実験の影響で=韓国

記事一覧 2017.09.06 11:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が3日に実施した6回目の核実験の影響で、訪韓日本人観光客が減少する可能性が高いと予想される。

今年5月、大型クルーズ船で江原道・束草を訪れた日本人観光客=(聯合ニュース)

 韓国観光公社によると、今年に入り韓国を訪れた日本人は1月から3月までは前年同月比で増加したが、「朝鮮半島危機説」が流れた4月は同5.4%減の16万5748人で、減少に転じた。

 これまでも北朝鮮の核実験など朝鮮半島情勢が不安定になるたびに訪韓日本人数は減少した。

 北朝鮮が5回目の核実験を行った昨年9月も日本人観光客が減った。同月の訪韓日本人数は20万8759人で前月比7.4%減少した。前年同月比では32.7%増加したが、これは前年の中東呼吸器症候群(MERS)の影響による反動増で大きな意味がない。

 2006年10月の1回目核実験をはじめ、2回目(2009年5月)、3回目(13年2月)、4回目(16年1月)が行われた月も訪韓日本人数が前年同月比で減少した。

 また、10年10月に起きた北朝鮮による延坪島砲撃事件により朝鮮半島の緊張が高まったことで同年12月の訪韓日本人数は同2.8%減少。その後、翌年5月まで6カ月にわたり減少が続いた。

 このように中国人観光客に続き日本人観光客も減少する可能性があることから、観光業界は(成長率が上向かない)L字型の長期低迷に陥る懸念が高まりつつある。

 今年1~7月の訪韓日本人数は128万人で、訪韓中国人に次いで2番目の規模だ。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の韓国に対する経済報復により、訪韓中国人数は前年同期比に比べ46.5%減の253万人にとどまったが、訪韓外国人に占める割合は依然として最も高い。

 韓国観光公社は、中国の報復措置や北朝鮮の威嚇などの危機が年末まで続く場合、今年の訪韓外国人数は過去最高を記録した前年(1724万1823人)に比べ最大で469万人(27.2%)減少する可能性があるとの見通しを示している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。