Go to Contents Go to Navigation

サムスン 自動運転・コネクテッドカーの技術確保へファンド設立

記事一覧 2017.09.14 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は14日、自動運転やコネクテッドカー(通信機能を備えた車)分野の技術を確保し、自動車電装事業を強化するため、3億ドル(約330億円)規模の「オートモーティブ・イノベーション・ファンド」を設立すると発表した。スマートセンサーやマシンビジョン(映像イメージを利用した検査・分析技術)、人工知能(AI)、コネクティビティー(接続性)ソリューション、セキュリティーなどの技術取得を目指す。

サムスン電子(資料写真)=(聯合ニュース)

 サムスン電子は同ファンドの最初の戦略的投資先として、自動運転プラットフォームと先進運転支援システム(ADAS)のグローバルリーダーであるTTTechを選び、7500万ユーロ(約98億円)を投じる計画だ。

 ファンドはサムスン戦略革新センターが運営する。サムスン電子は投資先の企業と、自動運転やコネクテッドカーの技術に関するオープンイノベーション(外部と連携して新技術を創出すること)などに取り組む。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。