Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 東芝メモリ買収に「最善尽くす」

記事一覧 2017.09.18 17:02

【ソウル聯合ニュース】韓国半導体大手SKハイニックスの朴星ウク(パク・ソンウク)副会長は18日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収について、「進行中のことで(話すのは難しいが)、最善を尽くす」と述べた。政府主催の半導体・ディスプレー業界懇談会に出席後、記者団に話した。

SKハイニックスの朴星ウク副会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 東芝は13日、東芝メモリの売却を巡り、米投資ファンドのベインキャピタルが主導しSKハイニックスが参加する「韓米日連合」と集中協議を進めるための覚書を締結したと発表した。

 朴副会長は本契約の締結の見通しなどについては触れなかった。

 一方、懇談会に出席したLGディスプレーの韓相範(ハン・サンボム)副会長は、サムスン電子にテレビ用液晶パネルを供給する問題について、「今サムスンと話している」と説明した。

 昨年末にシャープから液晶パネルの供給中断の通知を受け、サムスン電子はパネルの調達戦略を見直してきた。サムスン側はライバル会社のLGに供給を要請したが、韓副会長の発言から交渉は進行中でまだ終わっていないものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。