Go to Contents Go to Navigation

米戦略爆撃機が北朝鮮東方へ 米国「今世紀で最も北まで飛行」

記事一覧 2017.09.24 09:51

【ワシントン聯合ニュース】米国防総省は23日(米東部時間)、北朝鮮が最も恐れるとされる米戦略爆撃機B1Bランサーがこの日、武力誇示のため北朝鮮東沖の国際空域を飛行したと発表した。

米戦略爆撃機B1B=(聯合ニュース)

 同機は米領グアムのアンダーセン空軍基地から飛来。沖縄の在日米軍基地所属のF15戦闘機と合流し、北朝鮮東沖を飛行したという。

 米国防総省のホワイト報道官は、飛行について「今世紀に入って、米軍の戦闘機と爆撃機が飛行したなかで最も北まで飛行した」と説明。「米国が全ての脅威を打ち負かすため、あらゆる軍事的な選択肢があることを見せるための武力誇示」だとした。

 核実験や米本土への攻撃が可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイル試射などを続ける北朝鮮に対し、軍事的圧力をかけて警告した形だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。