Go to Contents Go to Navigation

フレキシブル有機EL市場が急成長 サムスン独占

記事一覧 2017.09.25 12:01

【ソウル聯合ニュース】英調査会社のIHSマークイットは25日までに、中小型フレキシブル有機ELパネルの4~6月期の世界売上高を20億5400万ドル(約2310億円)と集計した。前年同期に比べ132%伸びた。韓国のサムスンディスプレーのシェアが98.3%と、圧倒的な支配力を保っている。

サムスンディスプレーのフレキシブル有機EL(同社提供)=(聯合ニュース)

 9インチ以下の中小型パネルは7~8割がスマートフォン(スマホ)向けで、他にはタブレット端末やウエアラブル端末などに用いられる。中でもフレキシブル有機ELは次世代パネルとして注目を集める。自ら発光する素材を使うためディスプレーの薄型・軽量化が可能なだけでなく、カーブしたり折りたたんだりするデザインを実現することができる。

 こうした利点から有機EL全体にフレキシブルが占める割合は1~3月期の30.6%から4~6月期には51.1%に拡大した。韓国のサムスン電子が今年発売した主力スマホ「ギャラクシーS8」にフレキシブル有機ELディスプレーを搭載するなど、主要スマホメーカーの間で採用が広がっている。

 フレキシブル有機EL市場をリードするサムスンディスプレーの影響力は今後も増すと見込まれる。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新機種「X(テン)」にも採用される予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。