Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 東芝メモリの買収参加を正式発表

記事一覧 2017.09.27 17:52

【ソウル聯合ニュース】韓国半導体大手SKハイニックスは27日、この日取締役会を開き、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収に参加することを決議したと発表した。

 東芝は20日に東芝メモリの売却に向け、米ファンドのベインキャピタルを中心にSKハイニックスなどが参加する「韓米日連合」と株式譲渡契約を結ぶことを決めたと発表している。東芝メモリの売却額は2兆円で、SKハイニックスは3950億円を投じる。このうち1290億円は転換社債の形で投資し、2660億円はベインキャピタルが作るファンドに出資する。転換後、SKハイニックスは東芝メモリの議決権を最大15%確保できるようになる。

 同社は「今回の投資がNAND型フラッシュメモリー事業や技術面での優位性確保など、中長期的な競争力を高めるための足場作りになるよう期待している」としている。

 この日、SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長はSKハイニックスの取締役会終了後、東芝メモリの買収に絡み、日本へ向かった。

 同グループの関係者は聯合ニュースの取材に「午後1時ごろの航空便で訪日したと承知している」と伝えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。